歴史的な和解の可能性を模索する韓国学 体験・記憶・共生のスペクトラム

About us

2016121日に、究科センタとして「一橋大院言語社会研究科 韓国学研究センタ」が設立されました。これは、本究科が受け入れた韓国学中央究院からの受託究:Korean Studies in Search of Possibilities for Historical Reconciliation : The Glocal Spectra of Experience, Memories, and Co-existence 究代表者イ ヨンスク授)を推進する基盤組織として設置されたものです。

国学研究センタが設立されて、ようやく1年になりました。設立まもない組織ですが、「史的な和解の可能性を模索する韓国学-体験・記憶共生のスペクトラム」という究テマをげ、人文学・を基軸に、個別の究領域を超えた・脱地域比較的な手法にる新しい韓国学研究を目指しています。

センタが推進する究事業のキドは「体験・記憶共生」です。史的な「体」や「記憶」の政治、そして多言語多文化の「共生」はいかに可能になるのか、東アジア地域の過去と現在にさまざまな角度から光をてることで、韓国学をより大きな組の中に位置づけるとともに、東アジアの更なる充と豊富化に寄したいと考えています。

まだ「若い」センタですが、これまでも際シンポジウムや韓国学フォラム、「植民地体と記憶」をなど、さまざまな究活動を行い、センタの活動に心を持つ方にも開かれた場をつくってきました。これからも地域社との連携を重視し、・研・国際交流に力します。

 

201712月1日 

一橋大学大学院 言語社会研究科 韓国学研究センター

News & Topics

  • 2017.11.30 第5回 国際交流講演会を開催します。
  • 2017.10.31
    第4回 国際交流講演会 終了しました。
  • 2017.10.30
    第2回 研究批評会 終了しました。
  • 2017.10.26
    お知らせを更新しました。
  • 2017.10.2
    Webサイトを公開しました。