歴史的な和解の可能性を模索する韓国学 体験・記憶・共生のスペクトラム

About us

戦後、日本における朝鮮研究は、政治的諸問題の影響もあって十分に展開してきたとは言えない。一橋大学について見ても、戦前の福田徳三(1874-1930)、韓国経済史研究の先駆者である白南雲(1894-1979)をはじめ、多くのすぐれた朝鮮学の研究者を輩出したにもかかわらず、学内に朝鮮学を束ねる研究の中心がいままで存在しなかった。このような状況を正確に見据えながら、言語社会研究科韓国学研究センターは歴史的蓄積を批判的に継承し、社会と時代の要請に対応するための斬新な韓国学の確立をめざすものである。

このような問題意識の上で、本センターは「歴史的な和解の可能性を模索する韓国学――体験・記憶・共生のスペクトラム」という主題を設定し、人文・社会学を軸にした韓国学研究を推進する。具体的には、韓国社会とアジア共同体のつながりを学際的(interdisciplinary)に究明し、新しい韓国学研究の方向性を模索し、「体験⋅記憶⋅共生」というキーワードを通じて、アジア共同体の未来像を展望する。特に、歴史的にさまざまな層位が絡んでいる日本と韓国の関係網とその中の分節点に注目して、両国の相互認識の形成過程を歴史的に再び光を照射することで、未来志向的なアジア共同体の知的基盤を構築する。

さらに、本研究センターはアメリカなど他地域で行われる韓国学とは一線を画して、一橋大学独自の学問伝統と人的資源を結集することで、日本最高の韓国学研究・教育拠点、地域社会と連携する中心的機関としての地位の確立を目指す。センターは、韓国学の研究と教育を柱に据えた、東京の西部圏の地域ネットワークの中心と中核的史料センターとしての機能の確立も目標とする。

News & Topics

  • 2017.10.2
    Webサイトを公開しました。